記事一覧

デスラッシング・ヘヴィ・メタル・バンドの2015年作

"Runa - Bullets of Annihilation"デスラッシング・ヘヴィ・メタル・バンドの2015年作。ジャケからはソレが全く漂わないが、オールド・スクールなヘヴィ・メタルの旨みがギッチリ詰まった、デスラッシュ・バンドのミニ・アルバム。禍々しくも艶っぽい音色。リフ、ソロの過不足の無さ。分かり易く突出した個性はナイが、このギター氏のセンス、個人的に思いっきりドツボなのである。この感じで、どうかフル・アルバムを出してほしい。5曲じ...

続きを読む

たまに絵を描くー13ー

たまに絵を描く...

続きを読む

V系・メロディアス・スピード・パンキッシュ・メタル・バンドの2017年作

"Sex Virgin Killer - Vazinism"V系・メロディアス・スピード・パンキッシュ・メタル・バンドの2017年作。このバンド、初期は、曲もヴィジュアルも思いっきり"X JAPAN"スタイルで、SEX or DIE(1stミニ・タイトル曲)っていうか、もはや、X or DIEじゃないか!(歓喜)って感じだった。しかし今作は、広報面において、ハードコア・パンク界隈からの影響を強調、音楽面でも、ノイズ・ミュージック的アプローチも取り入れたり、ヴィジュアル面で...

続きを読む

スパゲッティ・バルカン・ミクスチャー・ロック・バンドの2014年作

"Figli Di Madre Ignota ‎- Bellydancer"スパゲッティ・バルカン・ミクスチャー・ロック・バンドの2014年作。その"スパゲッティ・バルカン"なる自称から感じられる通り、恐らくは、バルカン音楽への憧れから始まったであろう音楽。しかし、それを彼らは活動を重ねるごとに錬磨し、強烈な独自色を放つ、彼ら自身の音楽へと昇華させてきた。このアルバムで聴かれるのは、洗練されつつも土臭さを失わない、メロディアス且つダンサブルで激...

続きを読む

ホラー・クロスオーバー・スラッシュ・メタル・バンドの2014年作

"Bandanos ‎- Nobody Brings My Coffin Untill I Die"ホラー・クロスオーバー・スラッシュ・メタル・バンドの2014年作初期から全くブレないAccusedスタイルのリフに磨きをかけ、首ではなく、背骨に響くノリの良さで、燃焼を加速させる。間違いなく、このバンドの最高傑作。1stやスプリット、音源集なんかも国内店で入荷し、結構好評だったハズなんだけど、今作は一切入荷してない模様。ナゼだ。こんなにカッコいいのに。日本のバンドも...

続きを読む

プロフィール

音修羅

Author:音修羅
音楽依存症。

音楽が好き・・・なのではなく、
音楽を聴いて気持ちよくなるのが好き。

愛なんて無かった。


・・・たまに絵を描く。

Lc.ツリータグリスト

検索フォーム